イベント会社の経験を経て、ピークスマインドに入社。チーフクリエイターとしてアシスタントの映像制作業務の指導の他、結婚式当日の映像素材の撮影、企業・アーティストのPV撮影など多岐にわたる業務を遂行。クライアント専任スタッフのサポーターとして、クレーム対応やクライアントとの新たな取り組みの窓口を担う。



人が成長すれば会社が大きくなる
 
知識ゼロ
映像の制作をやりたいと思っていました。
前職はイベント会社に勤務していましたが、業務内容はポスターやチラシの制作でしたので映像を制作できる会社を探していました。採用試験を受け使用期間を経て正社員に。まずは、出来ることはなんでもやりました。細かいことで言うと、率先して電話をとる、FAX受注書の処理などの事務仕事は当然のことですが、今までの映像作品を片っ端から観る、映画鑑賞に行くなどして映像の勉強をしました。映像制作の知識はまったく無かったので。まさにゼロからのスタートでした。
 
 
新たな展開へのベースづくり
最近ではブライダル以外の映像制作をする機会が増えましたね。企業やアーティストのPV制作に携わることによって、撮影や、イベントの演出方法などの知識がついてきたと思います。映像制作の指導するようになってからは、時間に余裕が出来、社長のプロジェクトに同行させて頂いて、新しいプロジェクトに携わることも出来るようになりましたが、しかし、これは悪戦苦闘します。社長と動くプロジェクトは前例がないことばかり。正解がないのでゼロからの組み立てとなり、常に新たな知識を得ることを必須とします。CG制作や撮影方法を増やすことで商品を増やすことが出来るので、もっと知識をつけてテクニックを磨きたいと思っています。反面、自分の業務に夢中になりすぎないようシステムのメンテナンスや周囲のスタッフへの気配りも忘れないようにしています。
 
 
プライヴェート時間の活用
休日の過ごし方が変わりましたね。
マイカメラを新しく購入しまして。
以前は、身体を休めるだけ、、と考えていましたが、外に出る機会を増やしました。景色のよい場所での撮影や、テーマパークに出かけたり、映画を観に行ったり。休日を愉しみながら、仕事にも活用できるような時間の使い方をするようになりましたね。業務から離れた場所や空間は感性を養うにはもってこいだと思います。時間の使い方がわかってきたような気がしています。
 
 
HARADAマジック
原田(社長)マジックにはまっているひとりです。
話が通じる、判断が速い、小回りがきく。
業務を推進する上での環境を整えてくれる速度が速いのです。応える為のスキルをあげないとついていけなくなるので必死ですが。そして何よりも、先を見通す力。何か新しいことをやりはじめると、タイミングよくクライアントから依頼を頂いたり、多分、社長は時代がやってくることが分かっているのでしょうが、自分からすると、まるでマジック。依頼がきたときには対応できる準備が出来ている。やらされている感は全くなし。今までできなかったことが出来るようになっている。
会社が大きくなっていると肌で感じますね。中にいる人間がスキルを上げるほどに会社が大きくなる、大げさですがそんな感覚をもっています。
 
 
もっと大きくなる
クリエイターとしての範囲を広げていきたい、撮影の技術ももっとあげていきたいですね。特にブライダル以外の分野で。企業向けのPR映像やイベントも実施していきたいと思っています。これからピークスマインドはもっと大きくなっていくと思います。社員やアシスタントも増員され、ブライダル以外の分野の仕事も沢山入ってくると思います。入ってくるように、感動を生む作品を作り続けます。
 


プロモーション映像制作、CG制作、各種イベントの企画立案制作、その他何なりとご相談ください。人と人とのアイデアが新たな化学反応を起こし「何か面白いこと」が創れる。私たちはそう信じています。