プロジェクションマッピング
その魅力は「再現性」
数字に繋がる「唯一無二の演出」
プロジェクションマッピング
その魅力は「再現性」
数字に繋がる「唯一無二の演出」
ただ単に対象物へ投影を行うのではなく、 投映場所の形状を利用して、映像と空間を効果的に融合させる表現技術が 「プロジェクション・マッピング」と呼ばれるものです。 3Dマッピング、プロジェクトマッピング とも呼ばれます。 アートとして・ビジネスとして・観光、地域活性として・エンターテイメントとして、教育、福祉として 、プロジェクションマッピングは様々な用途で幅広く活用が可能です。

ブライダル業界こそ
プロジェクションマッピング

ブライダル業界こそプロジェクションマッピング

私達のプロデュースするプロジェクションマッピングは、一つ一つのバンケットの特性を活かし、お客様のお写真やイメージを絡めることでオリジナリティと高いクオリティを創出するものです。結果、数字という結果につながる「唯一無二の演出商品」であると自負しています。
演出商品としての「単価アップ」という役割よりも、新規接客時の「成約率」を上げる役割を果たすもの。
数字という結果につながる「演出商品と仕組み」、それこそが「プロジェクションマッピング」であると私達は感じています。

プロジェクションマッピングの豆知識

プロジェクションマッピングの豆知識

【pixelとは?】

ピクセルとは、画面で表示する画像の色情報を表す最小単位のドット・点のことを指します。 ピクセル数が大きければ大きいほど、 点がたくさん集まっていることとなり、 拡大にも耐えることができ、より緻密で画像の質が高い、映像が出来上がります。
よって、ピクセル数が多ければ多いほど綺麗な映像が出来上がります。

プロジェクションマッピングに必要な機材

プロジェクションマッピングに必要な機材

【プロジェクターとパソコン】

プロジェクター: 映像コンテンツを対象物に投影するための機材です。 投影する面積の広さやプロジェクターと建物の距離によって、使用する台数、種類も変わってきます。
パソコン: プロジェクターに映し出す映像コンテンツを再生するために使用します。 何台ものプロジェクターを安定して操作する場合には、高いスペックが求められます。
その他、グラッフィックボックスや専用アプリケーションなどが必要となります。

納品フローと予算感

納品フローと予算感

プロジェクションマッピングの予算感は
①コンテンツの制作のみ
②マップ作業も含めて
③システム構築も含めて
④機種選定ならびに工事も含めて、など様々な予算パターンがあります
詳細につきましては、疑問・質問含めて、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

※申請を通すことで予算の3分の2を補助金で賄える 小規模持続化補助金 の無料申請アドバイスを行っております。