特殊撮影
Drone/Gimbal
特殊撮影
Drone/Gimbal
映像には沢山のことを伝える力があります。そして、映像には様々な撮影方法が存在します。その撮影方法は全て「お客様の想いやこだわりを表現するため」の「手法」です。先に「撮影手法」を考えるのではなく、先に「何を伝えたいか」を明確にし、そのための手法として様々な「撮影手法」を活用する。私達はそう考えています。

工場の外観、従業員の姿を
魅力的な映像に

工場の外観、従業員の姿を魅力的な映像に

【ドローン+ジンバル映像 ~Drone&Gimbal Movie~】
「取引様になかなか工場を観て頂くことが叶わないので、工場のスケール感や什器、そこで仕事をしている従業員達の働く様子を取引様に観て頂きたい」との社長の「強い想い」から。
工場は広く、什器も大型のものが多いことが打合せ段階から判明していたので、ドローンとジンバルを多用して撮影。もちろん、従業員の働く姿は固定カメラで魅力的に収めました。
結果、ホームページ、SNSを通じて、海外に向けての発信的役割もこの映像が果たすことになりました。

大自然の魅力をドローンの映像で

大自然の魅力をドローンの映像で

【ドローン映像 ~Drone Movie~】
大自然の魅力をドローン映像とその映像に相応しい音楽とで表現してほしい。こんなご依頼も増えてきました。壮大さと美しさを併せ持つブランディング映像

お打合せの結果、「4K撮影したドローンの動画素材を色補正し、選曲した楽曲に合わせ編集し、翌日dataで納品する形に」。
動画だけでなく、ドローンによる写真撮影も現場でご要望があったので追加撮影。

ドローンで撮影した素材だけがほしい

ドローンで撮影した素材だけがほしい

【ドローン映像 ~Drone Movie~(素材生data渡し)】
ドローンで撮影した動画素材を素材dataとして「data納品してほしい」とのご依頼。
「色補正や編集費は不要」とのことで「即日data納品」させて頂きました。 特別な施設、空港付近、人口密集地域、夜間飛行には許可申請が必要なので、事前打合せでフライトエリア、フライト時間の事前確認をしつつ、無事撮影日を迎えました。

納品時には「色補正」のアドバイスもさせて頂きました。

通常のドローンが飛ばせない
場所・シーンのために

通常のドローンが飛ばせない場所・シーンのために

屋内で使用可能なマイクロドローンや200g以下のドローン、ワイヤーを使用したワイヤーカムなど、様々な特殊撮影を承ります

不可能かも…と思ってもぜひ諦めずにお問合せ下さい。 やれる方法を探します!!

納品フローと「無料の給付金申請アドバイス」

納品フローと予算感

納品フローは図の通り。まずはお気軽にご相談ください。
どんな些細な事でも遠慮なくお問合せ頂けますと私達クリエイター陣はうれしいです。

※申請を通すことで予算の3分の2を補助金で賄える 小規模持続化補助金 の無料申請アドバイスを行っております。

その他の映像実績はこちら