ブログ - 2021-02-18 20:27:00

ストップモーション動画って??

Posted by 水流雅徳
Masanori Tsuru

みなさんこんにちは!!

 

水流です!!

 

今回はネットサーフィンしている時に気になった、最近SNSでも話題の

ストップモーション動画について紹介していきます!

それではいきましょう!!

 

そもそも、ストップモーション動画とは撮影した複数の静止画を連続で繋ぎ合わせ、それを再生した動画のことを言うみたいです!

被写体は特に人物に限らず、ぬいぐるみや粘土、フィギュアなどを用いたオリジナリティ溢れる動画の制作が可能です。そのため他社との差別化ができSNSでも流行っているため拡散もされやすい分野になります!

こうした利点によりアニメーション制作でも取り入られ、最近ではマーケティング活動においての活用も注目され始めているみたいです!

 

ストップモーション動画のメリットは??

まずは、注目されやすい!

ストップモーション動画は、アニメーションや実写の動画とは異なり、コマ撮り独特な動きが人の目を引きます!

最近では、YouTubeやTikTokでも注目を浴びているためSNSで注目されています!

ストップモーション動画の手作り感に視聴者は温かみを感じ、親近感を持ちやすく、同時に動画の世界観に引き込みやすい効果があり、見慣れなさや物珍しさから視聴者の注意を引くことができます!

 

次に、インパクトを与える!

ストップモーションの特徴として、通常の動画では表現できない特殊な動きを加えることができます。

例えば、物が宙に浮く、変身するなどの現実ではあり得ないようなユニークな動きを表現できてしまいます!

また、普段動かないものが動くことで、視聴者の注目はそこに集まり訴求したいポイントを強調することもできます。

 

最後に幅広い年代にリーチ!

ストップモーション動画の手法は子供向けのアニメーションに多く用いられており、大人だけでなく子供まで幅広い層にリーチしやすいです!

 

いかがだったでしょうか??

ストップモーション動画については理解できたでしょうか??

 

YouTubeやTikTokなどにもたくさんストップモーション動画があるためみなさんぜひ検索してみてみてください!

自分も最初見た時はすごい特殊撮影だと驚きました!

気になる方は自身で撮ってみてはいかがでしょうか?

 

また気になる情報がありましたら紹介します!

 

では、またっ!!

Posted by Masanori Tsuru
アシスタントディレクター兼アシスタントクリエイター 水流雅徳

ブログ TOP

ブログ 2019-09-30 22:55:00

  こんにちはタケバです!   先日熊本現代美術館で 「デザインあ展」In KUMAMOTO  が ...


ブログ 2020-10-31 17:34:00

  最近映画館では上映本数が戻ってきて、賑わいを取り戻してきましたね   そこで今月鑑賞した、オススメ映画のご紹介 ...


ブログ 2020-06-30 23:22:00

こんにちは、ひなのです。 コロナで相変わらず自粛している中、 私の心を癒してくれていた物語の1つ、 「約束のネバーランド」が&hell ...


ブログ 2021-01-22 20:33:00

こんにちは★ 山内です。 今回は動画撮影する時に参考にしている映像や色合いについて話していきたいと思います!! 僕が現在参考ににしてい ...


ブログ 2020-04-14 16:25:00

皆様、はじめまして! この度2020年度新卒として入社させていただきました、上甲と申します。 好きな食べ物はうまかっちゃん、好きな色は黒 ...


ブログ 2020-12-28 20:24:00

こんにちは。桑原です。 先日、会社で仕事をしていると騎士のような人物に襲われました! どこから現れたのか、剣を振り回し必死に逃げる桑原も ...


ブログ 2021-02-04 14:12:00

  こんにちは!たけばです^^   今日はダイソーで見つけた 格安で便利で可愛い 冬に重宝するアイテムをご紹介 ...


ブログ 2021-02-12 11:24:00

    こんにちは!たけばです^^   2月といえば、、、今大学3年生にとっては 「就活」を考え出す ...


ブログ 2021-01-24 19:59:00

こんにちは、ホーリーです。   商用利用可のフリー音源を扱っているサイトは沢山ありますが やはり知名度、使用率がぶっちぎりで ...


ブログ 2019-10-20 00:23:00

今年の内定者懇親会! 現時点での内定者はこちらの超優秀な3人! まずは、「山口ひなの」。 そして、「上甲未来」。 最後に、「 ...